カメラ買取の詳細について詳しく解説

最近では、フィルムカメラに代わってデジタルカメラが定番となり、合わせて本格的な一眼レフカメラを所有して、写真撮影などを楽しんでいる方も増えてきました。毎年、各メーカーから性能アップしたカメラが紹介され、その種類もたくさんあります。同時に、買い替えたいと思っても、今使っているカメラを処分するのはもったいないと考えている方もおられるのではないでしょうか。とりあえず家の中で保管され長く眠っているカメラがあるかもしれません。そんな時に便利なのが、カメラ買取サービスです。その中には、カメラの買取を専門とした業者も多く、人気のデジタルカメラだけでなく、フィルムカメラの買取を行ってもらえるところもあります。そんなカメラ買取サービスをどのように探せばいいのか、相場はどれくらいなのか紹介します。

カメラ買取の際の知っておきたい相場事情

カメラ買取を検討する場合は、カメラ買取の相場をあらかじめ理解しておくことが重要です。何も分からないまま買取をしてしまうと相場の半分以下だったということもあり得ます。例えば、大手の国内メーカーのデジタル一眼レフカメラを定価10万円で購入したものを買い取ってもらうとなると、購入して2年程度は買取額が30パーセントほどあっても、5年以上経過すると5千円という場合もあります。そして、また、見積もりの段階で付属品などの有無を確認しておきましょう。付属品がないことが後から分かると、買取額が変わってくるかもしれないので注意が必要です。ミラーレスの一眼レフカメラや、コンパクトデジタルカメラなどは、更に値が落ちやすく、状態が良くても買取額が10パーセントほどです。人気モデルや限定モデルだと、査定額が上がる場合もあります。

フィルムカメラの買取相場の指標

カメラ買取でフィルムカメラの場合は、品物によって様々です。500円ほどでしか買い取ってもらえないものから、メーカーによっては10万円以上の査定額が期待できるものもあります。フィルムカメラは需要がまったくなくなったわけではなく、今でも根強い人気が残っているモデルがあります。また、骨董品としての価値も評価されるモデルがあります。しかし、重要なのは状態です。古い分、劣化している恐れもあるので、出来るだけ早く査定に出すことをおすすめします。状態が悪いと買取されないことも多く、結局高値がつかないケースも少なくありません。出来るだけ汚れを落としておくのも買取額が上がるポイントです。フィルムカメラに限らず、買取を検討する場合は、複数の買取業者から見積もりを依頼して、買取額を検討することによって、最終的にお得に買い取ってもらうことができます。