希望のカメラ買取をしたい時どのようなお店を選ぶか

人物や風景を撮影することが趣味で、カメラを購入する方も多いです。今回はカメラ買取について紹介していきます。近年カメラブームにより、若者の間でもカメラを購入する方が増えていますが、あまり撮影せず、カメラが家の中で眠ってしまうこともあります。そんなカメラがあれば買い取りしてもらうといいでしょう。カメラは比較的安定して高値で売れるものです。ボロボロで状態が良くないカメラでも希少なものであれば、数万円で売れることもあります。カメラにはデジタル一眼レフやミラーレス一眼レフ、コンパクトデジタルカメラと様々な種類がありますが、性能が良く定価が高いものの方が高く売れることは間違いないです。古くて、定価の低いカメラだと買取率は下がります。そういったことを踏まえて買い取り業者を選ぶといいでしょう。

カメラを買い取ってもらう際に知っておくといいこと

カメラ買取率は平均すると10~15%程になり、発売から2から3年の新しいものだと買取率は少し上がります。カメラを売る際に、覚えておいてほしいことが、カメラ本体よりもレンズの方が換金率も良いということです。レンズは本体に比べ、古くなってしまってもレンズ自体の衰えはないからです。その為、レンズに関しては、新しいものより古いものの方が高値も付きやすい傾向にあります。また、カメラにはキャノンやニコン、ソニーといった国内の主要メーカーが複数ありますが、メーカーによって買い取り額に差があり、機種によって人気の差もあるので、一概には言えませんが、キャノンとニコンが高値もつきやすいです。海外にもライカやカールツァイスといったメーカーがありますが、こういったメーカーのものはレンズだけでも5~10万円といった高値がつきます。

買い取り業者を探すときのポイント

カメラ買取をしてもらうことを決めたら、買い取り業者を探さなくてはいけません。カメラは、カメラショップやリサイクルセンター、家電量販店など様々なお店で買い取ってもらうことができますが、最近ではネットでの買取店も増えてきているので、買い取り相場も上がってきています。何店舗も店を回り、見積もりを出してもらうよりも、ネットで買い取り業者を探した方が手間もかからず、価格比較もしやすいのでおすすめです。しかしよほど希少なカメラでなければ、どこで出しても査定額に大差はないという傾向があります。強いてあげれば、リサイクルショップよりも、販売経路が豊富なカメラ専門店の方が、査定額が高くなることもあります。また、売りたいカメラやレンズが多い場合には、出張買取や宅配買取を利用すると便利です。査定員が自宅まで来てくれて査定してくたり、段ボールに梱包して送るだけで済むこういったサービスも知っておくといいでしょう。